コーディング規約 トップページC# コーディング規約 目次 

1.ソースファイルの構成

 ここでは,1つのソースファイルをどの様に構成するかを述べる。

1.1 ソースファイルの記述例

 ソースファイルの記述例を以下に示す。
 ソースファイルの履歴のコメント,ソースファイルの頭書きなどは以下の順番で記述する。

■ ファイルの記述例

// @(h) Form1.cs ver 1.1 ( '07.09.20 今井 浩司 )
// @(h) Form1.cs ver 1.0 ( '07.09.15 今井 浩司 )

// @(s)
//  Form1クラスのサンプルソース
//   全ての画面の処理、および画面に関係する
//   数々の定数の宣言をこのファイルに記述する。
//

using System;
using System.Drawing;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Windows.Forms;
using System.Data;

namespace Sample // Form1の名前空間
{
 /// <summary>
 /// Form1クラスは、全ての画面メソッドを定義しています。
 /// ボタンをクリックされた時の処理、フォームが終了した時の
 /// 処理はこのクラス内で全て定義しています。
 /// </summary>
 public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
 {
 public const int LOOP_COUNT = 2; // ループの数
 public static int nSize = 10;      // ボタンのサイズ

 public interface InterSample // interfaceコメント
 {
  event MyDelegate MyEvent1; // MyEvent1コメント
  event MyDelegate MyEvent2; // MyEvent2コメント
 }
 public struct PERSON // structコメント
 {
  string Name;  // 名前
  int Age;     // 年齢
 }

 public enum WeekDay // enumコメント
 {
   Sun = 1,  // 日曜日
   Mon = 2,  // 月曜日
   Tue = 3,  // 火曜日
   Wed = 4,  // 水曜日
   Thu = 5,  // 木曜日
   Fri = 6,  // 金曜日
   Sat = 7,  // 土曜日
 }
 public delegate void MyDelegate(int i); // delegateコメント
 public event MyDelegate MyEvent1;  // eventコメント

 public event MyDelegate Event2 // eventコメント
 {
  add
   {
   ・・・
   }
 }

 [DllImport("user32.dll", EntryPoint="GetDC")]
 extern private static IntPtr GetDC(IntPtr hDC); // DllImportコメント

  //
  // 機能 : ボタンをクリックされた時の処理
  //
  // 機能説明 : ボタンをクリックされた時の処理を行う。
  //        クラス定数LOOP_COUNT回、ダイアログを表示する。
  //
  // 引き数  : ARG1 - 発生イベントオブジェクト
  //        ARG2 - イベント引き数
  //
  // 返り値 : なし
  //
  // 備考 : 簡単なサンプルです。
  //
  private void button1_Click (Object sender, System.EventArgs e)
  {
  int i;
  String Buf;
 
   /// 固定文字列を代入する
   Buf = "回目のボタンの文字列";

   /// 以下の処理を、ループの回数分行う
   for (i = 0; i < LOOP_COUNT; i++)
   {
    String MessageString;

    //// 文字列を連結してダイアログに表示する
    MessageString = i + Buf;
    MessageBox.Show(MessageString);
   }
  } 
 }
}