コーディング規約 トップページAccess/Excel/VBA コーディング規約 目次 

1.ソースファイルの構成

 ここでは,1つのソースファイルをどの様に構成するかを述べる。

1.1モジュールの記述例

 モジュールの記述例を以下に示す。
 モジュールの履歴のコメント,モジュールの頭書きなどは以下の順番で記述する。

■ 宣言部の記述例

' @(h) SELECT.BAS ver 1.1 ( '07.09.15 今井 浩司 )
' @(h) SELECT.BAS ver 1.0 ( '07.09.13 今井 浩司 )

' @(s)
' 機能選択モジュール
' 本モジュールは使用する機能を選択するものである。

Option Explicit

Declare Function ExitWindows Lib "USER" (ByVal dwReturnCode As Long, _
    ByVal reserved As Integer) As Integer ' Windowsの終了・再起動

Private Type SYMBOLINFO ' 宣言文字構造
   SyDataType As String        ' As宣言文字列
   SyDataTypeDef As String      ' 型宣言文字
End Type

Public gSymbolData As SYMBOLINFO  ' 宣言文字データ

Public Const APPNAME = "HotDoc"   ' アプリケーション名
Public Const LOGDIR = "C:\LOG"    ' ログ格納ディレクトリ

Public gSelectAppNo As Integer      ' 選択アプリケーション番号
Public gTMPDIR As String         ' テンポラリディレクトリ名

Private Const FRMTITLE = "Select"   ' フォームタイトル
Private Const FRMNO = 1         ' フォーム番号

Private mSelectMouduleNo As Integer  ' 選択モジュール番号
Private mInFileName As String       ' 入力ファイル名

 
■ モジュール部の記述例

'
' 機能   : メッセージ文字列の取得
'
' 返り値  : メッセージ文字列
'
' 引き数  : ARG1 - ファイル番号
'        ARG2 - メッセージインデックス番号
'
' 機能説明 : メッセージ定義ファイルより指定されたメッセージ
'        を取得する
'
' 備考   : 返り値の文字列の最大文字数は80文字
'
Private Function GetMsg(FileNum As Integer, Index As Index) As String

'' メッセージファイルのオープンをする
OpenMsgFile(FileNum)

If (FileNum < 0) Then
    ''' オープンエラーの場合,エラー処理をする
    ・・・
End If

' デバッグ用の処理
ZZDebug_Print()

'' メッセージファイルの読み込みをする
GetMsg = ReadMsgFile(FileNum, Index)

'' メッセージファイルのクローズをする
CloseMsgFile(FileNum)

End Function